売れる文章を書くために外してはいけない3原則 – その2

writing2
ライティングで絶対に外してはいけない原則の2つ目。

それは、
誰かひとりのために書くことです。



まだ、原則の1つ目を読んでいなければ、
そちらから読んでみてください。

■参考:売れる文章を書くために外してはいけない3原則 – その1

誰かって誰?

このひとりに向けてライティングしろというのは、
ライティングを少しでもかじっていれば聞いたことがあるでしょう。

では、
誰かって実際誰がいいの?

それは、

▼この人のために文章を書く▼
  • 夫や妻(彼氏や彼女)
  • 両親
  • 自分の子ども
  • 親友
  • 自分自身

自分も含め、自分の身近な人に書いてください。
自分が好きな人です、ラブレターを書いてください。

見込み客やターゲットというのをよく聞きますが、
実際イメージできていますか?

ぼんやりとしか思い浮かばないでしょう。

ですから、伝えたいメッセージがブレて、
売り込み臭がハンパない文章になってしまいます。

親友が真剣にお金に困っています。
お金を稼げる商品やサービスを自分は知っています。

売り込みますか?

「これを買えば絶対に稼げます!」
「(自分は試してないけど)3ヶ月で10万円稼げます」
「(中身は知らないけど)1日1回のクリックで月収5万円」

絶対ありえないですよね。

人は一緒に悩み、真剣に考えてくれるからこそ
その人を頼り、その人から買ってくれます。

中身を知らない商材をアフィリしている
クズアフィリエイターは言語道断です。

お前ら自分の大切な人に絶対そんなことしないよね?

キレイに書く必要はありません。

本音で真剣に書くだけでいいです。

なぜなら、
そうすることで、あなたが本当に伝えたいターゲットに
伝えたいことが伝わるようになるからです。

本音で真剣に書いたレビューや記事から
何かを売ることできると、本当に気持ちいいです。

そして感謝してもらえます。

自分の大切な人にラブレターを書いてください。

そして、
アフィリエイターに必要なライティングスキルを
徹底的に学びたければ、こちらの教材がオススメです。

公開日:2013年8月13日
最終更新日:2013年10月31日

カテゴリー:ライティング

コメントを残す

サブコンテンツ

ネットビジネスマン:さいとう

人気ブログランキング

お問い合わせ

質問やノウハウに関するご相談など
お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ

購入者の方へ

私から購入頂いた方で、特典を受け取っていない方はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ