ブラック企業を脱出するため必要なこと

black
毎年恒例になりつつある、ブラック企業大賞。
2013年も、もちろん開催されています。

外食産業のワタミ・・・圧倒的ですね。


 ■参考:ブラック企業大賞2013

このブラック企業大賞を見ていて思ったことを少し書きます。

ブラック企業と言えばみなさんどんなことを思い浮かべますか?

 ・残業が多い
 ・休日がない
 ・労働環境が劣悪
 ・過労死
 ・自殺
 ・パワハラ
 ・セクハラ
 ・アルハラ
  :
  :

などなど、いろいろなキーワードを思い浮かべるでしょう。

そして、ブラック企業大賞2013にノミネートされている、
どの会社も(悪い意味で)ハイレベルな争いをしています。

ノミネートされていない中小企業で働いている人でも、

「俺の会社も同じぐらいブラックだよ!」

などと、ブラック企業自慢(?)をする人もいるかもしれません。

私も、会社員時代は自分の会社をブラック企業だ!と
思っていましたし、同僚とも愚痴り合いました。

残業も多いし、無駄だと思えることでもやらなきゃいけないですし。
だからこそ、私は会社を辞めて独立する決意をしたのですが。

そして、ネットビジネスを始めると、
「週5日の1日8時間労働」すらも、ブラックに見えてきます。

会社員時代は当たり前だと思っていました。
むしろ、8時間労働で帰れるならラッキーだと思っていました。

しかし、この会社員には定着しきっている「週5日の1日8時間労働」も
無条件に従う必要はないと思っています。

ブラック企業で働いている人は、

「早く会社を辞めたい」
「もう逃げ出したい」
「死んだほうが楽」

など、既にギリギリまで追い詰められた考え方の人も多いでしょう。
私も昔、追い詰められた経験があるのでわかります。

かなりツラいです。
いや、ツラいなんて表現では片付けられないです。
実際に、自分で命を絶つ人もいるぐらいなので。

では、何がツラいのか・・・
ここからが本題です、前置きが長くてすいません。

ブラック企業から逃げ出せない環境にあるから

これに限ります。
逃げ出せるなら、すぐにでも逃げ出すでしょう。
辞められるなら、すぐにでも辞めるでしょう。

しかし、逃げ出せないのです。
環境がそうなってしまっているのです。

会社自体が逃げ出せない、
奴隷に仕事をさせているような会社もあります。

しかし、そうではなく大半の人は、
「辞めた(逃げた)後のことを考えているから」ではないでしょうか。

「会社を辞めても収入がない」

全ては、ここに落ち着いてしまいます。
生活していけないから、這いつくばってでも働く。

一見、正しいようにも見えますが私は大反対です。
一刻も早く逃げ道を作って欲しいと思います。

私は逃げ道としてネットビジネスを会社員時代に始めました。
そして、計画通り(?)会社を辞めることに成功しました。

会社で働く以外にお金を稼ぐ手段を持っていないと、
いざ自分が逃げたい(会社を辞めたい)と思った時に、
すぐに行動出来ません。

既に逃げたいと思っている人は、少しずつでも良いので
他に収入となる資産を持ちましょう。

株やFXでもよいのですが、私はネットビジネスをおすすめします。

「元手が少なくすみ、失敗してもそれ以上のお金はかからないから」です。

これは非常に大切で、ブラック企業から逃げたいと思っている人が、
虎の子の預金や貯金に手を付けて、株やFXをやると・・・

失敗するリスクがかなり高くなります。

株やFXはいかに平常心でルール通りに取引できるかにかかっています。
少しでも早く結果が欲しい人には向きません。

それに対して、ネットビジネスはネット上に店舗や代理店を構えるイメージなので、
無料ブログを使うのであれば、元手はゼロです。

すべてを無料で済ませるのは、時間的リスクなどからもオススメしません。
最初に1,2万円程度の初期投資はするべきだと思います。

しかし、そこから少しずつでも収入が入ると・・・
精神的に非常に楽になります。

「会社を辞めても収入がある」

これは、思っている以上に心の安定剤となります。
後ろ盾がある状態とよく似ています。
働いていて追い詰められる感覚が少なくなります。

自分を追い込まないために、逃げ道を作ってください。
逃げ道を作るために、誰かに(私でも構いません)頼ってください。

ブラック企業を脱出するための資産形成は、
ブラック企業自慢をするより、よっぽど有意義な時間を過ごせます。

公開日:2013年7月19日
最終更新日:2013年10月30日

カテゴリー:雑記

コメントを残す

サブコンテンツ

ネットビジネスマン:さいとう

人気ブログランキング

お問い合わせ

質問やノウハウに関するご相談など
お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ

購入者の方へ

私から購入頂いた方で、特典を受け取っていない方はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ