キーワード選定で陥りがちな3つの大きな罠

keywordアフィリエイトでキーワード選定が
大切なのはもはや常識です。

キーワード選定で道を間違えれば、
報酬どころか、アクセスさえ集まりません。
今回は、キーワード選定で陥りがちな
3つの大きな罠について書きます。

ビッグキーワードばかりを狙う

アフィリエイト初心者が一番やりがちです。

ビッグキーワードとは、検索回数が多い単一キーワードで
旬なジャンルを表していることが多いです。

▼狙いがちなビックキーワード例▼
  • クレジットカード
  • ダイエット
  • レーシック
  • 転職
  • FX

あげればまだまだありますが、
誰もが2秒で思いつくキーワードです。

検索回数が多く、高単価広告が多いので
かなり魅力的にこのキーワードはかなり魅力的に感じます。

転職で検索結果1位になれば、毎月100万は確実だぜ!

そう思って当然だと思います。
ここで1位を取ればかっこイイです。

ただし、
まず上位表示できません。

なぜなら、
ビッグキーワードは強豪がひしめき合う戦場であり、
超強豪アフィリエイターや法人化された組織に埋め尽くされているからです。

被リンクの質や量も、コンテンツの質や量も
さっき始めたばかりの初心者アフィリエイターが敵うわけがありません。

そして、こちらも結構重要ですが
ビッグキーワードは成約率が悪くなります。

なぜなら、
ビッグキーワードで検索してくる人たちの
「思い」は多種多様だからです。

ひと口に「ダイエット」と言っても、

 ・ダイエットの方法を知りたい
 ・ダイエットで成功した人の体験談を知りたい
 ・ダイエットサプリを探している
 ・ダイエット器具を探している

などなど、本当にいろいろな悩みや目的が
入り混じったキーワードになります。

その中で、あなたがアフィリエイトしたい商品に
惹かれて、成約までたどり着く訪問者はごく一部です。

検索回数はかなり多いので、一定数の成約は取れます。
しかし、労力の割に報酬が少なくなってしまいます。

効率が悪いということです。

商品名キーワードばかりを狙う

これも、少しアフィリエイトをかじるとハマりやすい罠です。

商品名キーワードというのは、

 ・エステナードROSE(美顔器)
 ・ジェルレイン(保湿ジェル)
 ・リプロスキン(化粧水)

まさに、商品名そのものですね。

これをキーワードにする人はいないと思いますが、
では、これならどうでしょう。

 ・ジェルレイン 口コミ
 ・ジェルレイン 効果
 ・ジェルレイン 成分

よく見かけますね。
どの商品でも「口コミ」や「効果」を付与して
検索をかけると、ほぼアフィリエイトサイトが表示されます。

俗にミドルキーワードと呼ばれていて、
属性もある程度絞れています。

ただし、この商品名 + ○○キーワードは、
大きな罠が待ち受けています。

それは、

 ・広告出稿が終わると収入が0になる
 ・特単がもらいにくい
 ・ライバルが次々やってくる

商品名をキーワードの軸にしているので、
その商品(例で言えばジェルレイン)が広告をやめれば、
それだけで収入がなくなります。

サイトはジェルレインがキーワードなので
そこでリプロスキンを押した所で成約しません。

そして、
商品名をキーワードにすると特単(特別単価)がもらいづらいです。

なぜなら、
広告主側から見れば、商品名キーワードは
広告主のページで成約していた「はず」のお客さんだからです。

悪く言えば、訪問者の横取りになります。

そして、ライバルが次々と参戦してきます。

なぜなら、
誰でも思いつくキーワードだからです。

アフィリエイトする商品を選ぶと、
まずは商品名を軸キーワードにする人はたくさんいます。

商品名の複合ワードを狙います。

あなたが1位であり続けるには、
それなりの時間とお金がかかります。

誰でも思いつくということは、参入障壁が限りなく低いですから。

考えてばかりで行動しない

キーワード選定に限らないですが、
考えてばかり、答えを求めてばかりの人は
まず、アフィリエイトで成功しません。

なぜなら、
アフィリエイトはコンテンツを投入して始めて
そのコンテンツ・商品に需要があるのかを
“実際に”知ることができるからです。

ビッグキーワードがダメだ、商品キーワードがダメだ
というのは至る所で見ているし、聞いているでしょう。

そこで、じゃあどんなキーワードがいいのか?
答えを求め続けても見つかりません。

アフィリエイトに正解はないのです。

言い換えると、アフィリエイトの正解は1つではありません。

ビッグキーワードを狙ってみて本当に上位表示できなかった、
商品名キーワードを狙ってみてライバルだらけだった。

というのは、
経験して始めて“本当の意味で”腑に落ちます。

まずは、頭を動かし手を動かして
経験してみてください。

まとめ

実際に手を動かさないとわからない部分は多々あります。

ただ、
ビッグキーワードや商品名キーワードを使わずに
どのようにキーワードを選んでいけばよいのか?

疑問になると思います。

次の記事でキーワード選定法について詳しく解説します。

■次回:キーワード選定で意識すべき2つのポイントとコツ

公開日:2013年8月14日
最終更新日:2013年10月31日

カテゴリー:キーワード戦略

コメントを残す

サブコンテンツ

ネットビジネスマン:さいとう

人気ブログランキング

お問い合わせ

質問やノウハウに関するご相談など
お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ

購入者の方へ

私から購入頂いた方で、特典を受け取っていない方はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ