リスト収集は、実績が伴ってからにしましょう

list
アフィリエイトの世界では、
リスト収集が大切と言われます。
リスト収集とは、ある商品やサービスに
潜在的に興味がある人の情報を集めることです。


リスト収集とは?

リストとは、ネットビジネスの場合は「名前」と「メールアドレス」を指します。
たとえば、ネットで稼ぐ系の無料オファーに登録してくれた
お客さんに向けて、メルマガで有料商材を売り込んでいくという使い方をします。

このリストの数が増えるほど、成約数もあがり報酬が増えやすくなります。
成約率はまた別の考え方ですが・・・。

ただし、リスト収集はアフィリエイトである程度実績が出てからにすべきです。

リスト収集を後回しにすべき理由

一番大きい理由として、リストを集めたところで、
どうマーケティングすればよいかがわからないからです。

運よくリスト収集ができたとします。
しかし、リストを集めてからのメルマガプランがありますか?

ブログと違い、より購読者と密接につながるメルマガは
またブログとは違った戦略が必要となってきます。

そして、間接的にメルマガ登録した購読者は解除率が高いです。
そりゃ、読みたくもないメルマガが
メールボックスにたまるのは避けたいですからね。

たとえ、解除しなくてもメルマガ専用のアドレスで
放置されている可能性も否定できません。

「何万部」発行なんてあおっているメルマガも、
実際の生きた購読者数はたかが知れている可能性だってあるわけです。

よほど、ためになる情報を定期的に発信できるだけの
ネタがないとファンになってもらうことは無理だと考えるべきです。

そして、そもそもリスト収集が難しいという問題もあります。
上で少し触れていますが、無料レポートへの登録などを経て
自分のメルマガへ登録してもらう流れが一般的ですが、
無料レポートも大作を完成させるか、常に発信していく必要があります。

ブログネタを探し出すのにいっぱいいっぱいの人が
無料レポートをすぐに作ろうなんて無理でしょう。
ブログネタにすら困っている人のレポートなんてたかが知れています、
私なら読みたくもありません。

実績のあげかた

さて、リスト収集のむずかしさが少しわかっていただけたでしょうか。

では、どうすればよいのか?実績をあげてからのリスト収集しましょう。
実績を上げていれば、アフィリエイト初心者からすると
それだけで雲の上の存在です。

本当に稼げている人は、どんな方法をとったのか?
それは、自分にとって現実的な方法なのか?
現実的ではないとして、ギャップをうめるにはどうすればよいか?

少し考えただけでも、ポンポンネタが出てきます。
週に2,3回ペースのメルマガであれば、まぁ困ることはないでしょう。

既存の見込み客を集める

では、リストを集めずにどのように実績をあげるのか?
既に、見込み客となっている属性の人を集めることです。

では見込み客とはなにか。

商品やサービスを買おうと決心して、
最後の決め手や購入先を探している人のことです。

買おうとしているので、あとは背中をポンッと押してあげるだけです。
リストのように、最初から教育する必要はありません。

具体的には、LUREAのショートレンジがそれに当てはまると思います。
既存の見込み客を集めることはそれほど難しくありません。
見込み客が使いそうな検索ワードを元に、
ブログやサイトを作って、アフィリエイトする。

これだけで、売れるときはかなり売れます。
大切なのは、商品選定とキーワード選定の2つです。

売れる商品やサービスを見込み客へつなぐ。
まずは、これができるように試行錯誤すべきです。

見込み客にすら売れないのに、
リストを自分で教育していくのは、まず無理でしょう。

アフィリエイト初心者には、見込み客への売り込みから初めてほしいと思います。

公開日:2013年1月3日
最終更新日:2013年10月29日

カテゴリー:LUREA

コメントを残す

サブコンテンツ

ネットビジネスマン:さいとう

人気ブログランキング

お問い合わせ

質問やノウハウに関するご相談など
お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ

購入者の方へ

私から購入頂いた方で、特典を受け取っていない方はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ