物販アフィリエイトで月50万円を達成するまでの道のり(考え方編)

month-50

物販アフィリエイトで月50万円(発生ベース)を目指そうと
2014年の1月に目標をたてました(期限は2014年6月末日)。

月30万円、50万円、100万円…年収1億などなど。
アフィリエイトは給料と違って、成果は青天井なので、
金額を数値化して目標をたてる方が多いようです。

例に漏れず私も「月50万円」を掲げました。
道のりを全く考えずに…。

月50万円を達成するために考えなければならないこと

月◯◯円と掲げる人は実際に多いのですが、
その数字に対してどれぐらいの規模が必要かを明確にしている人が非常に少ないです。

月50万円を稼ぐのに必要なサイト数は?記事数は?アクセス数は?などなど、
考えなければならないことは多く、「月50万円稼ぎたい!」だけでは到底到達できません。

目標を掲げるからには、ゴールするまでのプロセスもできる限り明確にして、
自分で引いた仮のラインを辿って行きたいと思います。

もちろん、まだ達成していないゴールを設定するので、
間違っているところもあるでしょうし、綻びもでると思います。

しかし、間違っていれば軌道修正し作業を振り返ることができます。
検証し次に活かすためのゴールとプロセスの設定が重要です。

稼ぎ続けている人(たまたまではなく継続している人)が
確実にやっているのが過去のアフィリエイト作業と結果の検証です。

物販アフィリエイトで意識するべき5つの数字

物販アフィリエイトでは、実際にお金が手元に入るまでに
以下に示す5つの数字を意識する必要があります。

成果報酬額
コンバージョン1件でもらえる金額。あまりに低い場合は避けたほうが無難。たくさんコンバージョンが取れるなら数百円でもやっていい。
アクセス数
自分のアフィリエイトサイトのアクセス数。意識しているアフィリエイターは多いはず。アクセス数は多ければ良い!というわけではない。インプレッション数でも代替可能。
CTR
アフィリエイトリンクのクリック率。アクセス数だけを増やしても意味がないというのはこの部分でわかる。濃いアクセスが集まるとCTRもあがる。
CVR
広告主のLPにアクセスした人のコンバージョン率。LPで訴求されていることとサイトの内容をあわせるなど工夫はできるが、基本的にアフィリエイターはなにもできない部分。
承認率
コンバージョンのうち確定成果となる率。実際に承認率が悪い広告主や承認までの条件が高すぎて数字が悪くなる場合もあるらしい。

以上5つの数字は意識していく必要があります。

極端な話、承認率0%なら「高い広告を選び、どれだけアクセスを集めて、リンクをクリックさせて、成約しても報酬は0円」です。

ここまで極端な話はそうそうないと思いますが、自分のアフィリエイトで
どこがボトルネックになっているかを知る上でとても重要な指標になります。

成果報酬額2,000円で月50万円稼ぐには

実際にゴールに対するプロセスを詳細化していきます。
例として「成果報酬額2,000円の商品をアフィリエイトし、月50万円稼ぐ」ための数字です。

以下の条件で計算します。

成果報酬額
2,000円
アクセス数
計算して必要アクセス数を算出
CTR
10%(高め)
CVR
10%(高め)
承認率
80%

【STEP1】成果報酬額2,000円で月500,000円達成するために必要なコンバージョン数

500,000円を達成するために、2,000円の商品をいくつコンバージョンさせればよいのか計算する。

500000(円) ÷ 2000(円) = 250(CV)/月

月に250コンバージョン必要、ただし承認率は80%のため、
再度1ヶ月に必要なコンバージョン数を計算する。

250(CV) ÷ 0.8(承認率) = 312.5 ≒ 313(CV)/月

月に313コンバージョンが必要。
1ヶ月を30日として1日に必要なコンバージョン数を計算する。

313(CV) ÷ 30(日) = 10.43333… ≒ 11(CV)/日

1日に11コンバージョンが必要という計算になる。

【STEP2】日に11コンバージョンを達成するために必要なLPへのアクセス数

1日に11コンバージョン必要なので、LPへ何アクセス流す必要があるかCVRを元に計算する。

11(CV) ÷ 0.1(CVR) = 110(アクセス)/日

LPへ110アクセス流すと11コンバージョンが可能。
注意したいのは自サイトへのアクセスではなく、LPへのアクセス数であること。

【STEP3】LPに110アクセス流すために必要な自サイトへのアクセス数

1日に110アクセスをLPへ流す必要があるので、
自サイトに何アクセスあればよいかをCTRを元に計算する。

110(アクセス) ÷ 0.1(CTR) = 1100(アクセス)/日

自サイトのアクセスが日に1100あれば、LPへ110アクセス流すことが可能。

このように計算すると、
成果報酬2,000円の商品のみをアフィリエイトし、月50万円を目指そうとすると、
自サイトのアクセスが1,100アクセス/日必要な計算となります。

かなり粗めの数値設定ですので、実体験を元に数値の精度をあげていけば、
どんどん精度の高いプロセスをつくり上げることが可能だと思います。

1日1,100アクセスをどのように実現するか

結局のところは、1日に1,100アクセス集める方法が大切です。

しかも、今回は物販アフィリエイトなのでトレンドアフィリエイトのように、
属性無視でとにかくアクセスを集めればよいわけではありません。

俗に言う「濃いアクセス」が重要になります。

「濃いアクセス」を集める方法自体は1つではなく、ロングテールを拾う方法でも
ドンズバのビッグ・ミドルワードでSEO勝負でも可能です。

1つの大きいサイトを作成し、そこだけで1,100アクセスを集めるのか、
10アクセス集まるサイトを100個作るのか、そのためには記事がいくつ必要か。
自分だけで可能な数字なのか…などなど、おぼろげながらも先が見えます。

数値化しておくことの重要性(だいたいでもOK)

月50万稼ぐためには、濃いアクセスを1,100件集める必要がある。
このように、自分の中でしっかりとした目標を掲げることは非常に重要です。

単純に「月50万円稼ぐ」では、どの程度作業をすればよいか全くわかりません。
そして、目標に届かなかった場合にも、どこを修正すれば良いかも全くの闇です。

仮にアクセスは1,500件/日集まったけど、月30万しか稼げなかった場合は、
CVR(or承認率)が悪い広告を選んでしまったのかもしれませんし、自サイトのCTRが悪かったのかもしれません。

CVR(or承認率)が目標値以下なのであれば、ASPや広告主に掛けあって特別単価や
承認率のアップ交渉を行い、その差を埋めることができます。
広告自体を入れ替えてしまうという方法も取れます。

CTRが悪かったのであれば、自サイトの訴求方法やアフィリリンクへの誘導方法を修正できます。
アクセス解析を確認して、全然マッチしていないキーワードをあぶり出すこともできます。

つまり、
次の作業へ向けた検証ができ、より高くジャンプするためのデータが揃います。
アフィリエイトの自前コンサルティングだと思ってください。

アフィリエイトのコンサルティングというと、稼ぐ方法を教えてもらうことが主流となっていますが、
今の実力をしっかりと把握し、より最適化・改善できる部分を導き出すことが重要です。

ただサイトを作り続けるよりも、今成果の出ているサイトを軌道修正する方が
効率的に成果をアップさせることができることも多いです。

時には捨てることも必要

数値化することが重要な理由としてもうひとつあります。
上でも少し触れましたが「作業量の目安を持つことができる」ためです。
これは作業を進める上でも重要ですが、捨てるときにも重要です。

いくつサイトを作り出せば良いのかわからない状態で進めていっても、
稼げていない状態では不安だらけでしょう。
稼げていないサイトをいつまでも育て続ける原因にもなってしまいます。

サイト作りをしていて明らかに目標に達していない時や、
改善していて成果が伸びない場合は思い切って捨てるのも手だと思います。

思い入れのあるサイトだと気持ち的に難しいところではありますが、
稼ぐのが目的である以上、稼げていないサイトをいつまでもメンテするのは非効率です。
有限のリソースをとっとと稼げる(可能性の高い)方にまわしてしまいましょう。

目標金額を達成するために必要な作業量やアクセス数の数値化は必須ではありません、
しかし、計算自体は小学生レベルですし見える化しておくのはいいこと尽くめだと思います。

ボンヤリと「月◯◯万」と考えている人は、自分の作業量が目標に到達するために足りているか、
作業効率が目標を達成するために最適化されているかを考えるためにも取り入れてみてください。

その中で、記事の外注化やサーバー・ドメインなど、
計画だてて時間とお金というリソースを適切に割り当てていきましょう。

ただし、
結局は作業して、サイトを世に送り出さないと稼げないのは当然です。
あくまでもサイトを作り出す前、途中の目安としてください。

アドセンスの場合でも数値化は可能です

ここまで物販アフィリエイトを例として計算してきましたが、
当然ながら、アドセンス(トレンドアフィリエイト)主体の方でも適用できます。

アドセンスの場合はクリック保証型広告なので、CVR・承認率は関係ありません。
CTRとだいたいの広告単価を元に、アクセス数を計算してみてください。

物販アフィリエイトと違い、属性を考えたアクセス集めではないので、
アクセス数は格段に拾いやすくなります、その分CTRが落ちます(だいたい1%程度)。

ご自分のアドセンスレポートを元に計算されると、より明確で精度の高い数値化が可能です。

公開日:2014年3月13日

カテゴリー:マインド

“物販アフィリエイトで月50万円を達成するまでの道のり(考え方編)” への8件のフィードバック

  1. やっさん より:

    こんばんは、やっさんと申します。
    ランキングから、お邪魔しました^^

    目標の設定が必要と言うのが一般的ではありますが、ここまでデータ化すると
    本当に必要な部分が見えてきますね!

    データ化する事によって、何をすべきか、何をやめるべきか判断材料にもなり
    これはとても勉強になりました、ありがとうございます。

    先ほどのデーターに自分の数字を当てはめて、アクセス数足りない・・とか思ってました^^;

    またお邪魔させていただきますね!

    これからも頑張ってくださいね~

    応援もぽっちっとです^

    • さいとう より:

      やっさんさん

      コメントありがとうございます。

      データ化することによって足りない部分を探す、
      足りない部分を改善していくというのが大切ですね!

      数値化することで強みもはっきりわかるので、
      今後展開していくときにも役に立つと思います。

  2. bunkyo より:

    さいとうさん、こんばんは。

    bunkyoと申します。
    ランキングからお邪魔しました。

    すごいデータ化ですね!
    私は情報商材を扱うメルマガアフィリをやっていますが、
    ここまでの緻密な計算はしてきませんでした。

    なので、すごく勉強になりました。
    またお邪魔させていただきますね。
    失礼します

    • さいとう より:

      bunkyoさん

      コメントありがとうございます。

      メルマガをやられているなら、
      それこそCTRなどはかなり重要だと思います。

      数字は細かく算出しているつもりですが、
      まだまだ自分に合わせた最適化をしていかなければならないと思っています。

  3. 近ツリ より:

    >月◯◯円と掲げる人は実際に多いのですが、
    その数字に対してどれぐらいの規模が必要かを明確にしている人が非常に少ないです。

    これとても衝撃うけました。
    言われてみたら手取り月50万稼ぐといっておきながら
    具体的なものを書いてなかった。。。

    学びになりました!
    おうえんしております。

    • さいとう より:

      近ツリさん

      コメントありがとうございます。

      何事も具体的にしてみるのは、
      過去を検証することと未来を組み立てるために大切ですね。

      ぜひ、近ツリさんもやってみてください。

  4. こんにちは!
    50万円という目標額を立てる。仮説をたてておけば、あとで見直しもしやすいですね。
    それにしても論理的な行動力、すばらしいの一言ですね。
    結果は絶対に出る!そう思わされる記事だなと思いました。

    応援しています。というか私も見習いたいです。

    • さいとう より:

      おばねえちゃんさん

      コメントありがとうございます。

      結果を出すために絶対に必要ではないかもしれませんが、
      結果を継続するためには避けて通れないと思います。
      仮説と検証の繰り返し。

      絶対に成功してやる!という気持ちも大切ですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

ネットビジネスマン:さいとう

人気ブログランキング

お問い合わせ

質問やノウハウに関するご相談など
お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ

購入者の方へ

私から購入頂いた方で、特典を受け取っていない方はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ