アフィリエイトのライバルチェックを少し違った視点で実践してみた

rivalchk
ライバルチェックといえば、被リンク数と質と
コンテンツ量というのが一般の常識となっています。

ただ、今回は少し違った視点で
ライバルチェックしてみたいと思います。


サイト作成後のライバルチェック

被リンクやコンテンツ量でのライバルチェックというのは、
サイト作成前に実施します。

なぜなら、
被リンクの質も量もよいサイトだったり、
コンテンツが充実しているサイトが既にある場合はそのキーワードを避けるためです。

今回のライバルチェックはサイト作成後のお話です。

サイト作成後?ライバルチェックなんて意味ないのでは?
ライバルよりひとつでも上の順位にあがることを優先すべきでは?

ごもっともです。

それは大正解ですし、順位を上げられるなら上げるべきです。

ただ、
少し視点を変えてみることで、おもしろいライバルチェックができます。

「頭皮ケア シャンプー」でライバルチェック

ひとつ例を出します。

あなたが、「頭皮ケア シャンプー」というキーワードでサイトを作成し、
現在の検索順位が5位だったとします。

そして、ある日アクセス解析を見ると、
「頭皮ケア シャンプー」でアクセスがあった。

この時にライバルチェックしてみましょう!

なぜなら、
あなたのサイトが5位なのにも関わらず、
「頭皮ケア シャンプー」でアクセスがあったということは、
訪問者は1~4位のサイトで満足していないということです。

違う言い方をすると、
1~4位のサイトでは訪問者の悩みを解決できなかったことになります。

確かに、訪問者が気まぐれで5位をピンポイントクリックした可能性はあります。
または、あなたのタイトルが超魅力的だった可能性もあります。

ただし、今回は1~4位も訪問した上で
5位であるあなたのサイトに訪問してきた人をターゲットにします。

1~4位のサイトのコンテンツを見てみる?

1~4位のサイトが「頭皮ケア シャンプー」で、
表示しているページのコンテンツを探ってください。

すると、
1~4位のサイトが文字や書き方は違えど
「シャンプーで頭皮ケアできる理由」が書いてありました。

ここがポイントです。

「頭皮ケア シャンプー」であなたのサイトを訪れた人は、
「シャンプーで頭皮ケアできる理由」を探していたわけではないのです。

なぜなら、
5位のあなたのサイトを訪問したということは
1~4位のサイトでは悩みを解決できなかったからです。

ということは・・・

もうわかりますね?

あなたは、
「シャンプーで頭皮ケアできる理由」以外のコンテンツを作ることで、
1~4位で満足できなかった訪問者の悩みを解決できる可能性があります。

例えば、
「頭皮ケアできるオススメのシャンプーはどれ?」などです。

1~4位で悩みを解決できず、不満がたまっているので
「そうそう、俺は頭皮ケアできるシャンプーを探してたの!」と
すんなり、あなたのアフィリリンクから購入してくれます。

ライバルと少し違った視点・観点でコンテンツを作ることで、
もし上位表示できなかった場合でも勝負できる可能性があります。

参入した市場やキーワードで上位表示できなかったとしても、
少し視点を変えてあげることで、成約に導くことは可能です。

もちろん、
参入前のライバルチェックは超重要です。

 ・参入市場や商品
 ・狙うキーワード
 ・コンテンツ内容

これらを全て完璧にしたと思っても、
やはり思い通りにならないのがアフィリエイトです。

そういった時に、
これ以上順位あがらないと諦めるのではなく
少し視点を変えてライバルチェックしてみると
また違った可能性が見えてきます。

公開日:2013年8月15日
最終更新日:2013年10月30日

カテゴリー:コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

ネットビジネスマン:さいとう

人気ブログランキング

お問い合わせ

質問やノウハウに関するご相談など
お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ

購入者の方へ

私から購入頂いた方で、特典を受け取っていない方はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ